治療の方針

一生涯治療する必要がない歯をつくる

「痛くない」「やさしい」「家から近い」など、「良い歯医者」の定義は様々です。
しかしこればかりでは「良い歯医者」を名乗ることは出来ないと私たちは考えます。
その時だけの対処が、本当に皆さまを幸せにできるのか?

お子さま赤ちゃんは、特に最初が肝心です。
小さい頃からしっかりと予防治療することで、本当に「一生涯治療する必要がない歯」がつくれるのです。

「食べる」「話す」
当たり前にできていることを一生涯守るということ。

皆さまの生涯の健康を守ることを、私たちは治療方針に掲げています。

質の高い「予防」の実現

まごめファミリー歯科では、皆さまの健康を考るための歯科医院でありたいと思っています。

たとえば「歯を削る」という事。
一度削った歯は二度と元には戻らないという事。それは身体の一部を失うという事です。
私たちはこの事を重く受け止めています。

治療法は私たちが本気で考えます。
皆さまには、たとえば「なぜ削ることになったのか」をきちんと伝えます。見たくない部分にも目を向けてほしいと考えています。

その上に、質の高い「予防」が実現できることを、私たちはお約束いたします。

患者さまとのお約束

食事指導と栄養療法

私たちが食事治療栄養療法をするのには理由があります。
それは、従来の対症療法(症状が発生してから、症状を取るだけの治療)だけでは、本当の健康を手に入れることは難しいためです。

歯周病が全身疾患へ影響するというお話を聞いたことがありませんか?

つまり、お口を健康な状態で維持し続けることは、全身疾患への予防にも繋がる、大切なことなのです。

生活習慣の改善

歯磨きやクリーニングだけでは終わらせません

多くの歯科医院が、歯のメンテナンスや定期検診を「予防歯科」と言っています。
しかし、実際はほとんどが「歯の掃除」をしているだけになってしまっているようです。

「歯の掃除 = 予防歯科」ではありません。

これからは、そもそもむし歯や歯周病にかからないようにしなければいけません。
まごめファミリー歯科では、むし歯や歯周病を「再発させない」治療ではなく、「一度もむし歯や歯周病にならない・させない」ことこそが使命・責任と考えております。

未病をなおす、という事

徹底的な「痛みの少ない治療環境」を実現しました

歯科治療は「痛い・怖い」というイメージを持たれている方は大勢いらっしゃいます。
特にお子さまや赤ちゃんが感じるストレスとは、きちんと向き合わなくてはいけません。

私たちまごめファミリー歯科は、皆さまに安心していただけるよう、 「痛みの少ない治療」に徹底的にこだわっております。

特にお子様やご年配の方、歯を削る時のキーンという音がどうしても怖いと感じる方などに大好評です。

痛みの少ない治療

ページトップへ