感染症予防

患者様にお願いしたいこと

①マスクの着用と次亜塩素酸水消毒のお願い

新型コロナウイルス感染拡大のため患者様には咳エチケットまた、マスクの着用をお願いしております。
ご来院の際には手洗い、次亜塩素酸水による手指の消毒をお願い致します。

②来院時の検温・体調確認のご協力

当院では、来院された全ての患者様に検温、体調確認の問診のご協力をお願いしております。

発熱(37.5度以上)せき・息切れがある方、14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国したか、または新型コロナ ウイルス感染症の患者様と濃厚な接触があった方は必ず事前に最寄りの保健所あるいは医療機関に電話で相談し、指示を受けて いただきますようよろしくお願い致します。

当院の新型コロナウイルス感染対策の取り組み

①定期的な換気

待合室、診療室の扉を開放して空気の入れ替えを行い密閉された空間にならないようにしております。また、待合室、診療室に設置した次亜塩素酸水による除菌水噴霧器と、超音波噴霧器による室内空間の除菌、口腔外バキュームによるエアロゾル吸引で、感染予防をしています。

1時間に一回換気をしております。

②院内除菌水治療システム

当院では「院内除菌水治療システム」を導入し、水道水は使用しておりません。診療室の水道、治療に使用する水はすべて細菌数0に保たれております。

③医療スタッフの感染対策の徹底

感染予防のために、スタッフは毎日の診療に入る前に手指消毒を徹底し、体温測定をして体調管理をしております。また、診療においてはマスク、ゴーグル、使い捨てグローブを使用し、感染予防対策に努めております。

④ディスポーザブル(使い捨て)製品の使用

患者様用のエプロン、紙コップ、治療器具用トレーは全て患者様ごとにディスポーザブルのものを使用し、破棄しています。また、治療スタッフのグローブも患者様ごとに破棄しています。

⑤院内設備の徹底除菌

治療器具は、患者さまごとに交換し、消毒滅菌を行い、不特定多数の人が触れる診療室のドアノブや取っ手、手すり、診療台、操作パネル等、重点的に消毒液で除菌しています。

当院の感染予防対策設備

次亜塩素酸水除菌

受付、待合室に消毒液を設置しております。
こちらで手指の消毒をお願いしております。

超音波噴霧器

超音波の力で次亜塩素酸水を細かく噴霧。
室内空間を素早く除菌、殺菌できます。水500mlに対してポイックウォーターをキャップ1杯!

詳しくはこちら

エピオスエコシステム

各ユニット、手洗いシンクにはエピオスエコシステムで作られた除菌水が流れています!
高い殺菌力でほぼ全てのカビ、最近、ウイルス(MRSA肝炎、エイズなど)を殺菌します。
生成あたって薬剤、薬品は一切使用しておらず高純度の塩と超純水だけを電気分解してできた除菌水になります。
除菌水を高濃度にしたものがポイックウォーター

歯についてる、バイオフィルム、プラークなどのタンパク汚れをきれいにしてから治療に入る為高濃度のポイックウォーター(残留塩素濃度500ppm、pH9)をお口に含んでうがいをしてからの治療を行っています。

ポイックウォーターには洗浄、殺菌の2つの機能を持っておりバイオフィルム、プラークを分解、洗浄したあとに殺菌力がupする歯科治療水です。

血液中にある免疫成分の次亜塩素酸水(HCLO)という成分と同じものです。

どなたでも安心して治療をお受けいただくことができます。

ラーフエイド

消臭、抗菌、抗ウイルス、有害物質分解作用のあるエアコンフィルターを使用しております。
ご来院の患者様にご安心いただけるよう院内の空気を衛生化し、エアコン内部を清潔に保っております。

ページトップへ