矯正歯科

歯を削らない・抜かないためには矯正治療が大切です

歯の矯正治療は、見た目を良くするだけではありません。
噛み合わせを改善することで、ブラッシングの際の磨き残しがなくなり、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。
矯正治療によって、私たちの目標である「歯を削らない」「抜かない」をより実現しやすくなります。まだ欧米ほどではありませんが、日本でも矯正治療のメリットが少しずつ浸透してきており、 矯正治療を受ける患者さまも増えています。

まごめファミリー歯科では、小児矯正を含め、専門医による矯正治療を行っております。
矯正に関する相談も行っておりますので、ぜひお問い合わせください。

歯並びの悪さが引き起こすトラブル

悪い姿勢で噛み合わせは悪化します

姿勢の悪いまま日常生活を過ごしていると、身体は歪み、様々な不調が生じてきます。
脚の歪みは腰の歪みに、そして顎の歪みへとすべてが繋がってしまうのです。
歪みは歯列不正の原因となり、噛む力が衰退し、口呼吸気味になります。

現在、口呼吸はアレルギー疾患、集中力や免疫力の低下に関係することが明らかになってきました。

そうならないために、姿勢と咬合の関係を把握し、噛み合わせを矯正治療していくのが「姿勢咬合」です。
特に赤ちゃんをお持ちのご両親は、抱き方、寝かせ方、授乳の仕方を正しいものにすることで、お子様の健全な成長を促すことが出来ます。

不正咬合のご紹介

不正咬合とは、歯並びや噛み合わせが悪い状態のことをさします。
見た目も気になりますが、歯並びがガタガタなため、歯ブラシが届きにくく、汚れがたまりやすくなります。
そのため、むし歯や歯肉炎、歯周病の原因になりやすいと言われています。

  • 叢生
    (そうせい)

    でこぼこに生えた乱ぐい歯、犬歯が飛び出した八重歯のことを言います。顎に対して歯が大きい、または顎が小さすぎて歯がおさまらないことが原因です。

  • 上顎前突
    (じょうがくぜんとつ)

    上の歯が出っ張っているいわゆる出っ歯です。

  • 反対咬合
    (はんたいこうごう)

    一般的には受け口と言われ、上下の咬み合わせが逆になっている状態です。

  • 開咬
    (かいこう)

    奥歯で咬んでも前歯は咬んでおらず、上手く咬めない、また口が閉じにくい状態です。

  • 空隙歯列
    (くうげきしれつ)

    歯と歯の間の隙間が大きいすきっ歯。

  • 過蓋咬合
    (かがいこうごう)

    上の前歯が下の前歯を覆ってしまうくらい深くまで噛み合ってしまっている噛み合わせです。

発育空隙・霊長空隙とは?

発育空隙・霊長空隙とは乳歯のすき間のスペースをいいます。
このスペースは「乳歯より大きなサイズの永久歯が萌出するために必要なスペース」です。
乳歯は永久歯と比べ小さいため、もし乳歯がぴったりと並んでしまっているとサイズが大きな永久歯が生えるスペースがなくなってしまうのです。。

つまり、永久歯が正しい位置に生えてくるために、乳歯列の発育空隙・霊長空隙があることが望ましいです。乳歯の並び方は、将来の永久歯列におおいに影響します。

近年のお子さまは、この発育空隙が不足しがちで、永久歯がきれいに並びづらい傾向が見られます。

つらくない。痛くない。口周り筋肉トレーニング(MFT)による矯正

矯正治療と言えば、金具や針金などを利用したブラケットをつけることと思われがちですが、それだけではありません。舌のスポットを正しい位置に置き、顎の筋肉を鍛え、鼻呼吸を意識することで歯列を矯正する方法もあります。
筋肉を鍛えて歯列を改善していく方法なので、日常生活に負担がなくトレーニングをしていくことが可能です。

また、症例によってはこの動きを補助するトレーナーを装着して矯正の補助を行う方法もあります。

口輪筋トレーニング

あいうべ体操

正しく口輪筋を鍛えることで、鼻呼吸へと改善していくために開発されたトレーニングが「あいうべ体操」です。

だらんと口を開けた状態の口呼吸。鼻呼吸が出来ないことによって、口腔内に雑菌が広がり、風邪をひきやすくなります。
それだけではなく、アレルギー症状(喘息や皮膚疾患)や集中力の欠如など様々な悪影響が指摘されています。ぜひあいうべ体操を覚えて日々の習慣にしていきましょう。

  • あいうべ体操の方法

    1. お口を大きく開けます→「あ」を発声する形
    2. お口を横に大きく左右に引き伸ばして→「い」を発声する形
    3. 唇を凧のようにすぼめて前に突き出します→「う」を発声する形
    4. 舌を最大限出します→「べ」を発声する形

    大きな声を出しながら、目を大きく開けて必ず良い姿勢でゆっくり行いましょう。以上を一日五回三セット行いましょう。

舌の正しい位置を身に着けるトレーニング

オープン&クローズ体操

舌先をスポットに置きながらお口の開け閉めを繰り返します。このとき、なるべく大きく口を開けるようにしましょう。

  • オープン&クローズ体操の方法

    大きな声を出しながら、目を大きく開けて必ず良い姿勢でゆっくり行いましょう。以上を一日五回三セット行いましょう。

舌体操

他にも、舌の正しい位置を身につけるトレーニングには「舌体操」があります。
唾液を分泌する効果もあり、口腔内の健康維持に役立ちます。
お子さまだけではなく親御さんにもおすすめです。親子で一緒に行うのもいいかもしれません。

  • 舌体操の方法

    舌でほっぺの内側を押しながら、片側三秒以上かけてもう一つのほっぺに舌を移動。左右に動かしていきます。上から往復三回。下から往復三回行います。(一番奥の歯の内側→後ろ→ほっぺ側までグルッと一周、歯に沿ってしっかりなめましょう)

患者さまの疑問に答える矯正歯科Q&A

矯正治療は何歳くらいから始めればいいの?

早い子で6歳くらいから始めますが、不正咬合の状態によって異なりますので一度ご相談下さい。

6歳くらいになるまで矯正治療は待った方がよいですか?

6歳になるのを待たなくても始められる矯正歯科治療もあります。上記で紹介している「筋肉トレーニング(MFT)による矯正」などがそれにあたります。
また、乳歯を健康に保つこと、健全なあごの成長をサポートすることも矯正歯科治療の一端です。小さなころから治療を始めれば、それだけ身体への負担が少なくなります。

成人になっても矯正はできるの?

大丈夫です。歯と歯周組織がしっかりしていれば問題ありません。
まごめファミリー歯科では成人の方がたくさん治療をされております。

痛みがあると聞きましたが?

痛みに関しては、装置付け始めにありますがすぐに慣れます。また、当院では患者様の痛みに対する負担を出来るだけ少なくするように治療しております。
表からの装置ではデーモンブラケットを使用すると痛みが低減でき、来院回数も少なくなります。
リンガルの装置ではSTBブラケットを使用すると痛みの低減ができます。

咬み合わせが悪い(不正咬合)と病気なんでしょうか?

咬み合わせが悪い状態(不正咬合)とは病気ではなく、「不健康」な状態にあることを意味します。
「80才になっても20本の歯を残して生涯を通じて自分の歯で食事をとっていただき、よりよい人生を送っていただく(8020運動)」この目標達成のためには咬み合わせが健康な状態、つまり正しい咬み合わせであることが必要です。

悪い咬み合わせのまま放っておくとどうなるんでしょうか?

むし歯、歯周病、顎関節症や顎機能異常などを起こしやすくなります。
さらに、消化器官の働きにも影響を受けるので胃から後の消化器官に余分な負担をかけることとなります。
場合によっては、あごの正常な成長発育を阻害したり、あごの形を歪めてしまうこともあります。
あるいは、「サ行」や「タ行」などの発音が不明瞭になることもあります。

歯並びは遺伝しますか?

不正咬合は遺伝的要因によって形成されることがあり、親子そろって歯並びが凸凹になったりすることがあります。
また、上あごの骨と下あごの骨の大きさや形が遺伝すると、親子そろって骨格的な出歯の顔立ちになったり、あるいは骨格的な受け口の顔立ちになったりすることがあります。

ページトップへ